芝浦商店会「港区田町・江戸前の歴史が息づく運河の街」


■芝浦の歴史

江戸時代

自然豊かな海辺の漁村
江戸時代、芝浦は干潟であり、まだその土地すらありませんでした。『御府内備考』には「海上の番船であるとか城米引舟の役などを引き受け、海岸よりの網干城、漁村として下賜されていた」という記事が見られます。

明治時代

鉄道開通と行楽地としての発展
明治5年に新橋〜横浜間に鉄道が開通すると、芝近辺は発着地も近く風光明媚な土地の将来が注目されました。温泉旅館や魚問屋から転業した活魚料理の料亭・茶店が軒を連ね、海水浴場、花火や潮干狩りなどの行楽地、花街として賑わっていきました。

大正〜昭和初期

埋め立て工事と新産業の発展
明治後半から始まった東京港湾の埋め立て拡張が進んだことで芝一体の景色も急変しました。その後、関東大震災の東京復興の資材運送などで賑わい、生産業の移転や新興産業も増え、新たな街としての活気がましたようです。

戦後

芝浦花街の衰退
戦争のために、疎開、移転していた花街も戦後には復活しますが地域の建物は東京都港湾局の所轄となり、港湾労働者のための宿泊施設として管理されるようになりました。この頃から芝浦は港町の産業・住宅地へと性格を変えていくのです。

現在

高層化する建物
高度成長期に入ると木造の和風建築がコンクリートのビルへと変わり東京湾も近代化・機械化し、港町としての機能も弱くなりました。住民も郊外へと移転し、オフィス街へと変わりました。


  1. ホーム
  2. お店インデックス
  3. イベント紹介
  4. 芝浦の歴史
  5. 交通・アクセス

(C)2007 Shibaura Shotenkai, all rights reserved.